Home About Access Media Recruit
住宅
店舗
リノベーション
企画・プランニング
その他
広告デザイン
広告プロモーション
web
CI/VI
ANABA PROJECT
∞ for Canezees Doughnut(ドーナツの絵のための廃材フレーム)

毎日こだわりを持って手づくりされ、環境にも配慮している「ケンジーズドーナツ」。
「使えないモノを使いたいモノに。」という考えのもと、廃材を素敵に活用しているANABA PROJECTと引きあって、アジのある作品「廃材フレーム」ができあがりました。
この作品は、ケンジーズドーナツの新しい店舗に飾る絵のために制作されました。

力強さを感じる廃材たち

ある日、オフィス近くにある古い民家が解体されていました。
その解体現場ではたくさんの廃材が発生していて、これらの廃材は捨てらてしまいます。
金属の取手がついていたり、溝が彫られていたり、鍵穴の金属がついていたり、それだけでも存在感のある廃材たち。
色の落ち方や風合いが長い年月を感じさせ、何かを訴えかけているような力強さがあります。
これらの廃材を使って、フレームを制作しました。

廃材から新たなものが生まれる
まず、廃材を数種類のピースにカットしていきます。
木の固い部分と柔らかい部分の差を活かして凹凸をつけたり、塗装した後にペーパーで部分的に荒らして風合いを出したり、それぞれのピースに表情をつくり、組み合わせを考え、
組立てています。
ひとつひとつに手を加え、世界にたった一つだけしかない
フレームです。
右下に作品番号の入ったプレートがついています。

素敵な作品ができあがりました

フレームは存在感がありますが、中に入れる絵を引き立たせるシンプルなもの。
ケンジーズドーナツのインテリアにもマッチした、
素敵なフレームです。
ドーナツが食べたくなったら思い出してみて下さい。
そして、ケンジーズドーナツへGO!です。