Home About Access Media Recruit
住宅
店舗
リノベーション
企画・プランニング
その他
広告デザイン
広告プロモーション
web
CI/VI
ANABA PROJECT
Carnival for UNITED ARROWS(ビーサンアートのための廃材フレーム)

葉山のビーサン屋「げんべい商店」のビーチサンダルの板に「Studio Ashi」のメンバーが絵を描いた巨大ビーサンアート。この巨大ビーサンアートを入れた廃材フレームは、ユナイテッド・アローズ福岡店のショーウィンドウに展示されました。

史上最大、廃材フレーム
千代の解体現場で発生した廃材を使って、廃材フレームを制作しました。
中に入れる予定のビーサンアートは、1500ミリ×1250ミリの超ビッグサイズ!
これまでの中で一番大きなサイズの廃材フレームです。
見えないところにもアイデアたっぷり
まず、サイズに合わせて廃材をカット。大物だけあって、カットする数も大量です。
板をつなぎあわせたり、重ねて厚みを増して強度を出したり、廃材という制限のある素材に様々な工夫を施しています。
板目を活かしたピース、年輪を見せたピース、素地の色を活かしたピース、白や焦げ茶にペイントしたピース、全体のバランスを見ながら様々なピースを配置していきます。

大小対照的な作品たち
巨大廃材フレームは、げんべい商店のビーチサンダルの板にStudio Ashiのメンバーが「世界のカーニバル」を描いたビーサンアートを入れて、ユナイテッドアローズ福岡店(福岡市中央区天神2-10-3 VIORO 1F)のショーウィンドウに1ヶ月間展示されました。
展示が終わったら、くり抜いてビーチサンダルに加工されて販売。販売期間中、ビーサンアートの一部を店内に飾るための小さめサイズの廃材フレームも制作しました。

↓プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.anaba-project.com/hai/ua_f/ua_f.html